TOMMOROW HEIRLOOMS 明日への遺産
トップページ ショッピング お問合せ
ショッピング デザイン アイテム カーズ 銀について
HOME > 銀のお手入れ方法
銀製品のお手入れ方法と銀についてのお話
CARRS製品(一部の商品は除く)にはラスターシルバーが使用されていますので、銀の持つ独特の輝きが持続しますが、あくまでも高純度のスターリングシルバーですので、保管の状態や時間的経過により銀自体の特性である変色や錆等による曇りが生じることがあります。普段からお手入れをされずに放置された銀製品は、硫化によりやがて輝きを失うばかりか、変色し真っ黒になってしまいます。又、一旦硫化が進んでしまった銀製品は、シルバークロス等で拭いただけでは変色を落とすことが困難になります。 大切な銀製品がそのような事にならない為にも、シルバークロスやシルバーフォームで定期的に磨いて頂くことをお勧めします。
定期的なお手入れにより、銀の持つ魅力的な光沢を
いつまでもお楽しみいただけます。

*注、フォトフレーム以外には
ラスターシルバーを使用しておりません。
カタログダウンロード
法人はこちらより
会員登録
刻印サービス
銀のお手入れ方法

本来、銀は常温において乾燥・湿潤空気に侵されることはありませんが、銀製品の表面に付着した水分が、大気中の硫化水素あるいは亜硫酸ガスと化合して表面に硫化銀をつくり、この色が茶色あるいは黒色になってしまいます。これを硫化といいます。銀製品を長い時間、放っておくと表面が黒くなることがあります。これは鉄のサビなどのような酸化ではなく、硫化によって硫化銀になるためです。
シルバーアクセサリーをつけたまま温泉に入ってしまうと、銀が真っ黒になってしまったことなどないですか?
これは温泉の中に含まれている硫黄に銀が反応して硫化が起きてしまうからで、汗(含イオウ化合物)や汚れ、化粧品(特にファンデーション)に含まれる成分に反応することもあります。
この化学反応を活かして仕上げ方法として取り入れたのが「いぶし仕上げ」「古美仕上げ」というものです。
「610ハップ」などの温泉の元で硫黄成分がたくさん入っている薬品などを仕上げ時につけ化学反応によって黒い表面にして、部分的に磨くときれいなコントラストのデザインになるのです。
ピカピカに磨かれたシルバーアクセサリーもきれいですが、いぶし仕上げのモノも銀ならではの深みと味わいがあって人気があります。 初期段階の変色を落とす方法として最も一般的なのは、市販のシルバーポリッシングクロスで磨くことですが、油断して変色が進んでしまった場合は、シルバーポリッシングフォームやクリーム状のシルバーポリッシュ等で硫化銀を除去します。
シルバーポリッシングフォーム等のお手入れ用品をお持ちで無い場合は、ティッシュに塗りこんだ口紅で代用することもできます。口紅の中に含まれている成分が硫化銀を溶かす効果があるからなのだそうです。

それでもお手入れが面倒・・という方は、銀製品の表面に自動車用のWAXを薄く塗りこむ方法をお勧めします。WAXを塗ることで簡易的に防錆コーティングが出来ますが、これはあくまでも一時的な防錆方法ですので、定期的にお手入れを繰り返すことをお勧めします。
普段からの定期的なお手入れは、銀製品の価値を損なわない為にも必要不可欠といっても良いでしょう。
又、定期的に磨くことにより、鏡面の輝きから次第に銀本来の優しい輝きへと変化していきます。
銀の特性を理解し、心から銀の良さを楽しんでいただけましたら幸いです。

特定商取引方法 お問合せ 相互リンク集 サイトマップ
Copyright(C)Tomorrow Heirlooms All Rights Reserved